• Home >
  • 住宅性能証明書

住宅性能証明書

住宅性能証明書とは、贈与税非課税措置の対象となる住宅のうち「良質な住宅用家屋」であることを証明するものです。
家を買おうと思った時に、親から資金援助がある場合、金額によっては贈与税がかかることがあります。
しかし、住宅性能証明書があると、贈与税の非課税措置(500万円増額)が適用されます。
この制度(贈与税の非課税措置)では、父母や祖父母などの直系尊属から資金や住宅などを受け取った場合にかかる税金(贈与税)が、 一定金額までの贈与につき非課税となります。
住宅性能証明書を発行してもらうには、検査機関や保険法人の審査を受けて、一定の基準を満たしておくことが必要です。
住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置について(国土交通省)



 贈与税の非課税限度額加算の対象となる住宅認定基準
1.省エネルギー性
  【新築住宅】
  省エネルギー対策等級4の住宅
 【既存住宅、住宅の増改築等】
  省エネルギー対策等級4の基準と同程度の省エネルギー性能を有する住宅
2.耐震性
  耐震等級2以上または免震建築物の住宅


「良質な住宅用家屋」として非課税枠の500万円加算を税務署へ申告する場合、以下のいずれかの書類が必要となります。


住宅性能につきましては、住宅購入の窓口となる宅建業者または本ページ下の取扱サービス会社へご相談ください。

取扱サービス会社はこちら