• Home >
  • 耐震基準適合証明書

耐震基準適合証明書

非耐火構造で築20年以上、耐火構造(壁・柱などの主要な構造部分が、一定の耐火性能をもつ構造)で 築25年以上の中古住宅を購入する場合、耐震基準適合証明書を取得すると、住宅ローン減税等の制度が利用できます。

※中古住宅取得後に耐震改修工事を行う場合における住宅ローン減税等の適用
耐震基準(昭和56年6月1日以降の建築確認の適用基準)に適合しない中古住宅を取得し、耐震改修工事を行った後に入居する場合、耐震基準への適合が確実であることにつき証明(耐震基準適合証明書)がなされた場合には、耐震基準に適合した中古住宅を取得した際と同様に、以下の特例措置の適用が可能です。

詳しくは、以下のホームページをご参照ください。 
◇国土交通省<中古住宅流通・リフォーム市場の拡大・活性化のための特例措置の創設・拡充について(平成26年度税制改正関係)
◇国土交通省<耐震改修工事に関する税制に関するよくある質問


耐震診断につきましては、住宅購入の窓口となる宅建業者または本ページ下の取扱サービス会社へご相談ください。

取扱サービス会社はこちら