• Home >
  • リフォーム屋根

リフォーム屋根

新築時にはきれいだった屋根も外壁も、時間が経つにつれて劣化していきます。
雨風をさえぎる屋根や外壁が劣化して雨漏りすると、屋根や外壁の補修だけでなく、内装の交換や場合によっては、雨漏りで痛んだ柱や梁等の構造部分の補修まで必要になり、費用もかさむこととなります。そうならないよう定期的な点検、早めの補修が大切です。
見た目の古くなった外観も塗り替えや張り替えで新築のような外観にできます。屋根と外壁は躯体(建物本体)を雨風や火災から守る大切な部位です。屋根・外壁のリフォームに取り組むに当たって、注意を要するのが雨水の侵入(雨漏れ)です。




資料:一般社団法人リフォーム推進協議会「住宅リフォームガイドブック」より


●屋根の傷みのチェック
雨漏り以外に、屋根の材質によって特徴的な傷みが出てきます。
〈日本瓦・洋瓦〉瓦がズレたり、浮いて開いてくる。
〈金属屋根〉腐食によりサビが出てくる。
〈スレート屋根〉色あせしてくる。
屋根が破損したまま放置しておくと、雨漏りで建物全体を傷めます。住まいを長持ちさせるためには、修繕の必要な箇所を早く発見して対策をとる必要があります。梅雨の前に点検をしておきましょう。

●屋根の修繕
く瓦のズレ、破損瓦〉瓦がズレたらはめ直します。破損がひどい場合は新しい瓦に替えましょう。
〈屋根の葺き替え〉瓦は30~50年を目安に葺き替えが必要になります。金属系の屋根は20~30年が目安になります。
〈屋根の塗装〉セメント系やスレート系の屋根は塗装が痛むとひび割れの原因になります。10年を目安に塗り替えをします。




 

資料:一般社団法人リフォーム推進協議会「永く快適に住むための わが家のリフォーム・クリニック」より


住宅に使われている部材は、定期的なメンテナンス(補修)を行うことによって、全面交換や葺き替え等の大規模補修の時期を延ばすことができます(図1参照)。日本の住宅が、築後短期間(約30年)で建て替えられているのに比べ、アメリカの住宅の滅失までの築後年数(約55年)が長いのは、住宅メンテナンスの文化が浸透しているからと言えます(図2参照)。

資料:一般社団法人リフォーム推進協議会「「屋根・外壁 リフォームの留意点」より

 

取扱サービス会社はこちら